ホーム > 蕎麦読本 > 江戸時代から蕎麦が健康に良いことは知られています

蕎麦読本

江戸時代から蕎麦が健康に良いことは
知られています

江戸の人は蕎麦の力を熟知

蕎麦は江戸時代から、すでに健康に良い食べ物と認識されていました。元禄10年(1697)に出版された「本朝食鑑」は様々な食品が人の健康に及ぼす影響などを記した、いわば食材の百科事典のような本で、そこには蕎麦について次のようなことが書かれています。

江戸時代の人が語る蕎麦の力   5大栄養素の含有量比較/蕎麦と小麦

蕎麦読本インデックス

  • 海霧で育った十勝海霧そば
  • 安心・安全な健康野菜 北海道生まれ 清流だいこんとは
  • 清流だいこんに込めた思い

大石農産ってこんなところ

動画をもっと見る

十勝海霧そば®ご利用店

  • 蕎麦処 開拓舎
  • お食事処 こんぴら
  • 駄そば屋 三和土

わたしたちが育てています

  • 大石 将寛 Masahiro
  • 大石 浩輝 Hiroki
  • 大石 託三 Takuzo
  • 山口 将司 Masashi
  • 生育・栽培履歴
  • こだわりの選別作業
  • 私たちと一緒に働きませんか?
  • 蕎麦読本
ページトップへ戻る